福島の原発震災の悲劇を繰り返しちゃいけない!!そのためにも、日本一危険な浜岡原発を止めるための何かをしよう★ まずは「はじめに*」をご覧ください。Twitter:http://twitter.com/#!/
連絡先:stophamaokayouth@yahoo.co.jp

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    プロジェクトN 始動
    0
      JUGEMテーマ:原発


      初めまして。
      私たちはこの春それぞれ大学に入学する
      関口詩織と多和田容子です。

      今回の地震で、原子力発電所を安全だといえる方はほとんどいなくなったでしょう。
      原子力発電所は効率的に大量の電力を生みだす魔法の設備ではなく、
      常に放射性廃棄物を出し、有事の際には大事故を起こして多くの人を苦しめる設備です。

      ところで、静岡県の浜岡原子力発電所をご存知ですか?
      浜岡原子力発電所は、なんと、東海大震災の震源域と予想されるところで今も稼働中の原子力発電所です。
      おまけに、過去20年の間で少なくとも16件の事故が発生しており、耐震性自体にも疑問があります。

      東日本大震災やそれによる原発事故は取り返しがつかないけれど、
      東海大震災が起きた時に、同じことが起こるのを防ぐことはできる!!
      今の大人たちより先の未来を生きていくであろう学生・若者を中心になにかやろう!
      と私たちは考え、今回ブログを立ち上げ、浜岡原発停止の要望書に対する署名運動を起こすことにしました。

      以下は中電への申し入れですが、今回の私たちの活動の趣旨がご理解いただけると思いますので、一度呼んでいただけるとうれしいです!


      *****************************************

      中部電力株式会社
      代表取締役社長 水野明久様

       

      東海大地震に備えて、浜岡原子力発電所の運転停止を要望します。
                                            
          

      「浜岡原発の運転停止を求める学生・若者有志」

                          代表  関口詩織 多和田容子

      今回連名に参加している私たちのほとんどは未成年の学生です。

      今までの私たちは、何気なく当たり前のこととして電気を消費してきました。レンジでご飯を温め、携帯電話を充電する為に、とコンセントをさしたプラグの穴からは見えてこない、電力会社の方々の日々の努力と、安定した電力供給のおかげで不自由なく生活できていたことに、まず深く感謝いたします。

       

      さて、3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震は想像を絶する被害をもたらし、今尚その渦中にいらっしゃる方々を思うだけで胸が苦しくなります。天災を恨んでもどうしようもありませんが、同時に起きた、現在も進行中である福島原子力発電所の事故は、自然災害ではなくあくまでも人災です。決して、想定外の未曾有の事象などではなく、人の手によって避けることができたはずです。

       

      一連の地震でこの東海地方も揺れました。東海・東南海地震は、マグニチュード9クラスの超巨大地震になる可能性が高いと言われており、東北地方で今回起きた地震と同規模です。その上、福島原発での事故は、長年、浜岡原発において多くの方が警告してきた原発事故そのものです。

      このような状況でも、貴社の浜岡原子力発電所は運転されています。これまでの貴社の主張してきた安全対策への認識が甘かったこと、『高さ12メートル超の防波壁』を建てるような対策だけではどうにもならないことは、私たちの目にも明らかです。

       

       私たちは将来、新しい中心世代として社会を担った時に、多くの人々を傷つけ苦しめる可能性のある原子力発電所の責任や、やり場のない廃炉・使用済みの高レベル放射性廃棄物などの負担を背負えません。貴社、いいえ、今、この要望書を読んでくださっている方々にお子様はいらっしゃるでしょうか。原子力発電は短期的に中部電力を潤すのかもしれませんが、その為に生まれた放射性物質や放射能漏れのリスクを、貴社社員一人一人のご子息にも負わせることになるのです。

       

      確かに、急に全ての原子力発電所をストップさせる事が非現実的であることは分かっています。しかし、私たちは日々、「原発震災」という余りにも大きなリスクを負ってまで、しかも毎日原発で働く誰かに被曝をさせてまで、原子力発電所を必要とする生活を追い求めません。

      今、私たちは、時代の大きな転換点に立っています。今こそが、原子力に頼らない経済や社会、つまり、持続可能かつ、未来の世代に負担を押し付けないエネルギーへの転換を図っていくターニングポイントではないでしょうか。

       

      貴社が再生可能な自然エネルギーへの転換を図られるのならば、全力で支持いたします。

      どうか、まずは東海大地震の前に一刻も早く、浜岡原子力発電所の停止を図って下さい。

      以下、賛同する若者、及び未来の世代を守ろうとする大人一同、連名でお願いいたします。

                                                2011年3月19日

      | *はじめに* | 18:52 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      PR